ABOUT | 七三

ABOUT

日本ゆかりのバッグ「袋物」。
古くから東京には、
「江戸袋物」と呼ばれている袋物文化が存在します。
煙管入れ、
煙草入れ、
懐中袋物、
一切合切を入れて使える「合切袋」
など。
これらを総称して「江戸袋物」と呼んでいます。

「七三(しちぞう)」が取り揃えるのは、
「江戸袋物」の代表格的な袋物「合切袋」を現代風にアレンジし、和装、洋装を問わずお使い頂けるバッグたち。
全てが、職人によるハンドメイドで、1本ずつ手作りで制作しています。

巾着タイプ、
手提げタイプ、
サコッシュタイプ、
トートタイプ。

どの商品にも共通するのは、
・表側に一切縫い目が出ない「縫い返し仕立て」での仕立て
・紐通しの部材「コキ」の使用
・その「コキ」を接着剤ではなく、絶対に釘が抜け落ちる事がない「からくる」と言う方法で取り付けている
・マチの無いスッキリとしたデザイン
と言う点。

こだわりの作り方で仕立て上げたさまざまな「合切袋」をお楽しみ下さい。

「七三」は、
裂地バッグ製造卸である有限会社プレジール(1966年創業)が運営するショップです。
https://www.plaisir-bag.com
「七三」と言うショップ名は、
ショップオーナーの曾祖父「七三」が、パリ万国博で金牌を受賞したハンドバッグの制作を担当したような、腕利きの職人だったことに由来しています。
「七三」の商品は、代々受け継がれて来た袋物の製造技術や伝統を合切袋の制作に反映させ、ハンドメイドで1点ずつ制作しております。